図書共有コミュニティ(Book Share Community
公的図書館から離れている地域での図書共有コミュニティと地域通貨

1.図書共有コミュニティ
     ・・・ 個人所有の書籍をネットワーク化し、賃借システムを持つコミュニティの創設

■概要
 1. 利用したい住人はクラウドの専用データベースに利用者情報を登録
 2. 図書を保有して貸し出せる住人及びその書籍情報をクラウドのデータベースに登録
 3. 希望者が読みたい書籍をクラウドのデータベースから見つけたら保有者へリクエスト
 4. 保有者から借用して読む。貸出した場合、書籍保有者に1ポイント付与。
 5. 読んで書評やレビューを記載すると1ポイント付与。
 6. 保有者から借受者へ本を配送・返却をすることで1ポイント付与。
 7. 「図書共有コミュニティ」の運用支援活動で1ポイント付与。


2.図書共有コミュニティのポイント

     


 1. 本に関する貸出・書評・その他でポイント制として、ポイント(内訳)を累積する。
 2. ポイントは利用者データ(クラウド)に逐次追加される。
 3. その他のポイント・・・書籍の運搬、保管、データ作成、運用支援

 ■地域活動との連携
  1)小中学校
  2)地域防災
  3)新しいコミュニティ

3.図書共有コミュニティポイントと地域通貨


  図書共有コミュニティのポイントを地域通貨として利用できないだろうか。